スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ!その8 手紙をもらった

コース1、コース2、コース3。

そしてアシスタントもやりました。

その間、たくさんの人たちから手紙をいただきました。

いま読み返してみると。。。

顔から火が出るほど恥ずかしいのが多いです。

その中から恥ずかしいのを1通紹介します。

後悔するのは恥ずかしいけれど、私にとっては

いまでも勇気をくれる1通です。

私が三つのコースを終わって、アシスタントをしたとき

グループの一人がくれたものです。

名前などは伏せて、専門用語は分かりやすい言葉に直しますね。

●●はわたし、そのほかは適当に(*^。^*)


--------------------------------------------------

●●さん。

今日、インタビュー(コース1後の面談)で**さんと話しました。
(彼女のおなかは来月あたり、爆発しそうです)

ぼくが “アシスタントの●●さん” のことを話したら彼女もあなたのことを

知っていました。 そしてアシスタントを経験されたことを聞いて、「う~ん

よかったね」と言いました。あなたのことをです。

「彼にはすごく良い経験になったんじゃない~。」

「そのグループにいた、あなた達も強い影響を与えられたわね。」と言いました。

**さんはまるで自分のことのように嬉しい話し方でした。

別れ際に彼女は言いました。

「●●さんに連絡してやってね、彼すごく喜ぶから」と。

ぼくは嬉しくなりました。

彼女はあなたのことをよく観ているな、と感じました。

私は、●●さんは幸せな人だなあ・・と思いました。そう思うと

急に手紙が書きたくなりました。




日記・ブログランキング

blogram投票ボタン
↑クリックお願い



長いので続きは↓
セミナーで最初の出会いの時、ぼくはあなたに対して良い印象を

持ちませんでした。

おどおどした態度、話すとき口ごもる、声が小さく聞き取りにくい、

とつとつとした話し方。

ぼくは、我々のグループのアシスタントはレベルが低い。

これがセミナーをやった人なのか、コース1、コース2、コース3と

経験した人なのかと思いました。

いったいこのセミナーというものは?と思いました。

その状態で二日目三日目と過ぎていきました。

私はそういうあなたに苛立ちを覚え、何とかならないのかと思いました。

4日目の昼食のとき、あなたは始めてセミナーでの自分の体験を話されました。

コース1のシェアー(前で話す)の時、15分くらい何も言えないで立っていた事、

どもって言葉が出てこなかった事、人と話すのが嫌いであったこと、コース2を

受けるのに苦労したこと、等々・・・(**さんはあなたの事を、「コース1も

最後まで無理だと思ったのに、コース2、コース3、そしてアシスタントまで

行っているなんてすごいですよ」と言っていました。

その時のあなたの横顔は、それまでのあなたのそれではないと、

私は感じました。

目は落ち着き、話す言葉には力強さがありました。

なにかから吹っ切れたという感じでした。(私もその時、後から思うと

変化していたのです。)    ・・・・

絵を描きました。

ぼくは、寒い、硬い、するどい氷の山に、正体がつかめない怒り狂った

ようにエネルギッシュにおおいかぶさっている太陽の絵を描きました。

あなたは平和な海辺の村の絵を描きました。

村の背後には緑で覆われたなだらかな山がありました。

やさしい太陽が静かに輝き、空にはとんびが2羽飛んでいました。

それはそれは穏やかな絵でした。

僕には、こんな絵は描けないと思いました。

あなたは優しい目をしていました。

こんな絵が描けるあなたがうらやましい・・・私は負けだな、と思いました。

私は、硬い寒い灰色の氷山であり、正体不明の怒り狂った太陽は

セミナーであり、仲間でありました。

強烈なエネルギーで氷を溶かし、緑の山を出してほしい。

僕の心の叫びだったのです。

僕が、「静かないい絵だなあ」と言うと、「そうでもないですよ。」と

あなたは言いました。

「僕の小さい時の夢は、無人島で暮らすことだったのです。」

とも言いました。悲しい過去を振り返る目でした・・・あなたの目を

見た時、急に熱いものを感じました。

悲しくて嬉しくて、やるせなくていとおしくて、涙がこみあげてきました。

もうあなたを正視することができず、うつむいてしまいました。

とめどもなく、涙がこぼれてきました。

バッジを胸につけてもらい、握手をしたとき、もう何がなんだか分からなく、

胸が一杯になってまた涙が出てきました。

あなたの目にも光るものがありました。

わたしは思わずあなたの胸に飛び込みました。

あなたの体のぬくもりを感じました。

とめどもなく悲しく、とめどもなく嬉しく、声を出して泣きました。

(ありがとう●●さん、ありがとう)・・・と何度も叫びました。

私はあなたを誤解していたのです。

その時のあなたのほほも涙にぬれていました。

そのときのあなたはもう、私自身でした。

一生この人と付き合いたいな、と思いました。

ありがとう、ありがとう●●さん、本当にありがとう。

(なんだか少女趣味な文になってしまいました。でも、これは私の実感です)



・あれ以来、タバコを口にしません。ほしいと思いません。

・女房に「愛してるよ」と言います。

・みんなに「おはよう」と言います。

・肩の力が抜けたようです。

・子供が傍によって来ます。(子供は親の心をするどく観察してます。

こわいですね。)

まだ、わだかまりがどこかに少しあります。


最後に、「●●さん、私の人生の友人になってください、お願いします」

心に思うままを書きました、どうかお許しください。

                       ありがとうございました。
                                       

                          









comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シゲじい

Author:シゲじい
年齢:団塊の世代。
仕事:知的障碍者の方々のお手伝い。
性格:偏屈、短気、すぐ泣く。
血液型:B

ようこそ!
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
E-ページランク
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
リンク
月別アーカイブ
掲示板
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。