スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫、いっぱいいますよ。

昨日、草刈してたら1年生の先生が、

「どっか、虫いませんか?虫。。。」

ええ?

草むらにはバッタが跳ねてるし、

桜の木には、うるさいほどに蝉が。。

でも、蝉ってなかなか見えにくいですけどね。

近づいて見ようとすると逃げられるし。


小さい頃、谷の向こう側の沼のところに

私だけの秘密の場所があって、

そこには沢山の種類の蝉やトンボがいました。

といっても、網も虫かごもなく、

竹ざおの先に細い枝をわっかにして取り付け、

それにくもの巣をたっぷり巻きつけて、

そお~。。ぺた!

って感じでくっつけてとるんです。

よく、蝉におしっこひっかけられた。。


100727_115301.jpg
今朝、ウサギ小屋の近くで、蝉の抜け殻見つけました。








スポンサーサイト

昔話の4 やんちゃ坊主のいたずら

くるみ谷の急な坂を下りたあたりはまだ、

海岸からの砂丘地帯のなごりで、さらさらの砂地です。

そこからいくらも行かないうちに

田んぼの泥土に変わっていくんですけどね。


さらさらの砂地は、砂遊びにうってつけ!

坂を下りきった道路の真ん中で、

同級生のきよちゃんと。。。

やることはもちろん、「落とし穴づくり」

二人でせっせと掘り返して、肩まで入るくらい。

小枝を並べて、落ち葉や草でふたをして

うすく土を載せて、丁寧に靴で足跡までつけて。。


道路の真ん中ですからね、子供とはいえひどいもんだ

とは言っても、いちにち何人通るか。。。
(谷のいちばんの繁華街でこれですからね(*^^*)  


罠にかかってくれるのは決まって、

いちばん奥の家の兄ちゃん。

日が暮れてから、村の織物工場から

自転車で帰ってくるんです。

急な坂をシャーっと降りてきて、ドスン!

でも一度も叱られませんでした。


その人は両親もなく、茅葺の大きな家で

一人で住んでました。

障子は破れ放題で、出かけるときも

開け放したまま出かけるから、

鶏が自由に出入りしてました。










昔話の3、静か。。

泉は竹やぶの端にありました。

周りには大きな椿の木が何本かあって、

水面に木漏れ日がきらきらと輝いて、

高いところで、風に吹かれた竹の葉がさやさやとなり、

ーポト。

椿の花の落ちる音を聞いた。





100727_163950.jpg


















昔話の2、水の飲み比べ

泉は、雨水やゴミなどが入らないように、

切石で囲って、トタン板で屋根が葺いてありました。

その水を飲み水に使い、溢れ出た所で

野菜やお茶碗を荒い、それより下では

洗濯したり水浴びしたり。


なにしろ、湧き水だから冷たくてスイカも冷やせます。

それに、カルキも入ってないしミネラルたっぷりの天然水!

いま思うと、うまい水だったんですよお~。。

よく、田んぼで働く村人たちがお昼時、

ヤカンや一升瓶もって、水汲みにきました。


左端の、一番泉に近い家に「きよちゃん」という

同級生の男の子がいました。

小さいときはよく一緒に遊びました。

家族は野良で忙しいから、小さい子はほったらかし。


ひもじかったんですかね。。その子とよく、

「水の飲み比べ」をやりました。

泉のそばに小さなバケツが置いてあって、

それに満々と水を汲んで、どっちが多く飲めるか!って。

ひもじいのも辛かったけど、あれも苦しかった。。。
               (アホかい





100716_092927.jpg
藤棚もさんぱつしなくちゃ。。











昔話、くるみ谷

先日の「サザエさん」の漫画をみて、

牛がいた子供の頃を思い出してしまいました。

年が行った証拠ですかね。。。


私の生まれ育った家は、

能登の海辺の村はずれにある谷の底にありました。
           (どんなとこだい。。)

その谷底には泉が三つ、湧いていました。

急な坂道を下ったすぐの右側にひとつ、

100メートルほど向こうにひとつ、

さらに100メートルほど向こうにひとつ。

そこから道はがけを上って、谷の外へ出て行きます。


この小道の右側は崖に沿って広がる竹やぶです。

左側は一面、田んぼが広がっていますが、

その向こうはやっぱり、急な斜面を登らないと

外の世界に出られません。

じっさい、この部分だけ落ち窪んだような

地形になってるんですね。


手前の泉のそばに3軒、

中の泉のそばに1軒、

奥の泉のそばに1軒。

家が5軒しかないこの谷を

“くるみ谷”といいます。

むかしばなしみたいですね


まあ、昔話ですが。。。

この、3軒も家が密集した谷の中心地。

一番左端が我が家で、目の前には田んぼが

広がっていました。


なにしろ谷の底ですから、台風が来ても平気。

空の高いところを笹の葉や、小枝が飛んでいきます。

日本海が大嵐の、暴風の冬でもここは天国。

谷の外へ出ようものなら、息もできない大風に

窒息しそうになったもんです。


夕方には、野良から帰った牛が、「もう」と鳴き、

日暮れには、夜なべに機織る音がパタン、パタン。。
           (鶴の恩返しを想像するかな?)

1955年頃。












懐かしいメール。。

私が参加しているネットワークビジネス。

もう、何年になるんでしょうね。。。

いまは傘下メンバーも随分大勢に増えておりますが、

登録したときは傘下は誰もいませんでした。
       ( あたりまえだ。。。(∩∩*)ゞ )

まだ登録して間もない、傘下が4・5人くらいだった頃の

傘下メンバーとやり取りしたメールが出てきました。


いつかマンネリになって、初心わすれてたな〜。。

心ひらいて何でも話せた、メンバー同士のメール、

時効と思って公開。

メンバーに見られませんように。。


----------------------------------------------------


シゲさん今晩は。

メールありがとう。

シゲさんのメールを読んで私まで切なくなっています。


続きは下へ

more...

おかしい!

古新聞を片付けていたら、

朝日新聞の土曜版にサザエさんのまんがが。

これが面白い!

思わず笑ってしまいました。


1967年7月2日掲載分。

サザエさん家族が民宿に泊まりました。

改築したばかりのきれいな部屋でくつろいでいたら、

なんと、牛が入ってきて「キャーッ!」

民宿の主人、「もと牛小屋だったもんで

じきにはいってきやがるだ。」

牛があがりこむなんて


100722_065505.jpg


1967年頃って、まだ牛いたのかな?


我が家も農家でした。

私が中学1年生のとき、初めて耕運機を買いました。

それまではどこの農家でも牛飼ってましたね。


それにしても懐かしい。。



















すずめの涙

今日は終業式でした。

4・5人でわいわいやってる女の子たちに呼ばれました。

2年生ですね。

「おっちゃん、すずめのなみだってことば、知ってる?」

あん?

「舌切り雀が、舌切られて痛いから泣いたんやろ?」

みんなで大笑い

「おっちゃん知らないのぉ

「すずめのなみだって、お給料のことやねんで!」

また、どこで仕入れてきた。。

「わたしの貯金箱、49円しかないねん」

「しょうもないことに使うからやろ?」

「使わんけど減っていくねん」

??

「お給料がすずめの涙やから貸してって、ママが持っていくねん」


そんな話やったんか。。。

あんたたちからは、そんなことば連想できなかったよ























ももの苦手

もうすぐ夏休み。

今日はもう給食はありません。

お昼を食べに、家へ帰ったら

なんだか空模様が。と思ったら雷が鳴り出して。。



不安げなもも
100716_141857.jpg

ももは雷が苦手。

玄関へ入り込んだまま、自分の小屋へ帰ろうとしません。

不安そうなももが、ついかわいそうになって。。



「もも、おやつ食うか?」

ん!?
100716_141858.jpg





おやつくれんの?
100716_141858~000





くうくう!雷どころじゃないや。
100716_141859.jpg



ももの食い意地には雷もかないません

















大雨警報!

今日は全国的な大雨でしたね。

朝、警報が出てることも知らないで、

のんびり門扉を開けに行ったら、

先生の車が止まって開門を待ってました。

慌てて開けたら開口一番「警報でてまっせ!」

ええ?

こんなときのマニュアル!ええと。。。



まもなく電話がじゃんじゃん鳴り出して、

先生はおおわらわ!

警報が出たら学校はお休み。

先生も父兄もそう思ってます。

実際、隣の市ではすべて休校になったそうです。


ところが。。。

この市は警報出てなかったんですよね。

警報の出るところと、そうでないところの

境目だったんですね。

結局登校となって、父兄に電話するやら、

大混乱の朝でした。

梅雨の終盤は、いつも大変な気がしますが、

大きな災害がなければ良いんですけどね。。。










ひこうき雲じゃない?



MRTさん、コメントありがとうございました。

ひこうき雲じゃない??

そうなんですか。。。ケムトレイルっていうんですか。

初めて聞く言葉ですね。

何を散布してるんですかね。

農薬じゃないですね。高すぎる。


100712_190632.jpg
白いのが飛行機


わたし、子供のころは「ひこうき雲」っていうと

ひこうきの形した雲のことだと思ってました。

運動場みたいな広いところで雲みてると

結構楽しいですね。

この間も、大きな竜がねずみ追っかけてるような

形に見えましたよ



子供たちが小さかったころ、近くの葛城山へ登って

草の上に寝転んで「あの雲、何に見える?」

小さいころはかわいかった。。


辛いことも多かったけれど、子供たちには

ずいぶん癒されました。












ひこうき雲が!

今朝はすごい突風で大変でした。

でも夕方には空も晴れ渡って、飛行機雲が。。



以前にやったように2枚つなげようと思ったら。。

100712_190509.jpg
100712_190433.jpg

右にずらすのができない。。
以前はどうやったのかね?















今日は投票日

近くの飲食店。

ずいぶん流行ってるようで、

広い駐車場に、の出入りが激しい。

警備員が二人、誘導整理をやってるんですが、

忙しいところへ雨が。

雨具を着るまもなく、またたく間にずぶぬれです。

しばらくして雨合羽を着たら、すぐに雨が上がってしまいました。

合羽は蒸し暑いから脱いで、しばらくしたらまた雨が!


降ったら脱いで晴れたら着て。

なんだかずれてますね














ガンバル人、募集

「小説十八史略」、いま読んでるところは、

秦の始皇帝が亡くなって天下は乱れ、

いよいよ項羽と劉邦が登場してくるところ。


イメージとしては、名門出身の項羽。

やんちゃな田舎の兄ちゃん劉邦。

私のイメージね

項羽は自尊心が強く独断的。

劉邦は苦労の連続だけれど、人の意見をよく聞き、

結果、天下のあるじになるんですね。

昨夜のところは、10万の軍を指揮する項羽のところへ

9千の劉邦が兵5千を借りにいくところ。


そういえば私が始めてであったネットワークビジネス。

傘下5万人とか、10万人なんて人、沢山いましたね。

どんな人のところへ、人は集まるんでしょうね。。






puro-2.jpg
グリーンプロポリス









時間がほしい。。

むかし読んだ本。

気に入ったのは、

(年をとって時間ができたらゆっくり読み直そう。)

と思って残してありました。

その中の一冊、陳 舜臣 の「小説十八史略」を

何気なく手に取ったのが運のつき。

面白いとまらない病み付き

若いころ読んだのとはまた、違う感じですね。

中国の歴史が始まって、宋の時代までの大長編です。


100708_190946.jpg


いつも、本は読み出すと止まらなくなるんですよね。

なもので、最近は読まないようにしてたんですが。。。

新聞の連載小説だけにしとけばよかったんですけど。

夜、用務員室で一人静かに。。いいですよね。

ただ、おかげで睡眠時間が少なくなって。。。


それにもうひとつ問題が。

老眼が進んで、文字が見えない!

天眼鏡のぞきながら文字を拾ってます。


そんな自分を頭のてっぺんの方から観て、

(なあにをやってるんだろね。。)可笑しくなります。


1年生の教科書みたいな文字の大きな本があればいいのに。。



















プリンターを買いました! 中古で・・

パソコン画面は眼が疲れるから、

必要なものは印刷して読むことが多いんですが。

プリンターが動かなくなって何日。。


最近、ヤフーのオークションにはまってて

釣り糸半額とか。

で、プリンターも探してみました。

「電源は入るけど印刷は確かめてない。」

そんなのが多いんですね。

たとえ100円でも印刷できないんじゃね。。。


探せば結構あるんですね、よさそうなのが!

でも、オークションで負けてしまう。。

終了時間、忘れてしまうんです。


これじゃあ、らちが明かない、真剣に!

と言ってもたいしたことじゃなくて、

終了5分前にクリック!


最初500円で出てたらしいんですけど

私が見つけたときは1100円。

そこから100円刻みであがって、

2100円でものにしました (*^▽^*)

100705_222029.jpg

きょう届いて、ちゃんと印刷もできました。

めでたしめでたし











気分転換!

最近、時間が取れなくてなかなか更新も思う様に。。。


昨日のこと。

思い立って、朝4時に起きて和歌の浦へ行ってきました。

片男波海水浴場はもう、海開きしてるんだとか。

雨が降っているにもかかわらず、堤防には釣り人が数人。


キスはどこへ行ったのか、誰も釣れているふうじゃない。。

釣れないけれど、思いっきり、竿振ってるだけでも気分すっきり!

釣れてくるのは、10センチにも満たない鯛のあかちゃん。

これがまた、よう釣れるんですよね。

1278211941.gif


鯛の佃煮でも。。。そんなの食べたことないですね。

仕方がないから釣れるたび、海へ帰ってもらって。



和歌の浦近辺は観光地なんですよね。

右手の高いところには観光ホテルが並んでいます。


100703_141028.jpg


風光明媚


100703_140936.jpg


天気は良くなかったけれど、

おかげで気分すっきり!

やっぱり、潮の匂いはいいですね。

100703_142955.jpg





06 | 2010/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

シゲじい

Author:シゲじい
年齢:団塊の世代。
仕事:知的障碍者の方々のお手伝い。
性格:偏屈、短気、すぐ泣く。
血液型:B

ようこそ!
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
E-ページランク
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
リンク
月別アーカイブ
掲示板
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。